スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全放置してました

2013.07.17.Wed.11:19
完全放置してました・~・

暑いからね、TERAはしてたけどブログ書く気力なかったですね

プリ:日輪アクセ揃えて緑クリ4つ装備してシャン上練習するとこ

サラ:PvP装備作ってて足と武器だけ

バサ:闘士デビューして紅手甲げっと



こんな感じー、
サラは凱帝法衣レシピがあるから作りたいけど、シャンもうめんどくさいので
割と白磁でいいかなぁと思ってます。

日中によくインしてるのですがさすがにID過疎だし、鯖重くてストレスたまります。
することなくて砲火で暇つぶしだけしてることが多いです。
最近やる気だしてプレミアムにしました、けど恐怖周ってます。

闘士は昨日はじめて行った、けど面白かった!
バサは諦めててサラで装備できたら行けたらいいなって感じだったけど・・
覚えること多くて大変だけど新しいことをやるのは楽しいです><


アップデートはアレですね、連盟がきます。
でもそれよりガチャの水着が欲しいです!
ついでにガチャで強化の粉いっぱいもらってサラ装備も強化したいです。

連盟は、ノクタニウムのアクセが日輪の完全上位で強いですけど
アクセは緑クリついていれば野良PTで蹴られることもないと思うし
サラでアクセとれればあとは適当でいいかなーと思ってました。

でもギルド全体で頑張るみたいなので連盟頑張ります!!1
スポンサーサイト

バーサーカー:チャージングストライクのクリティカル実験

2013.04.16.Tue.09:52


invenに、チャージングストライク必殺紋章による
クリティカル発生率の差異の検証があったので翻訳します。



バーサーカーチャージングストライクのクリティカル実験

データ不足か、あるいは考慮していない何らかの変数が原因のため
結果に誤りがある可能性があります。
もし実験データが正しいとすると、
クラス別にクリティカル計算式が異なるということになってしまいます。


1.実験対象モンスター
バルダーの神殿下級の木(中型60レベル)


2.検証の条件
1)モンスターは非憤怒状態で実験。(憤怒の終結者にて確認)
2)モンスターの体力は100%の状態で攻撃する。
3)キャラクターのコンディションは、0%の状態。
4)キャラクターのステータスは条件ごとに同じ状態を維持する。
5)常に後方打撃をする。(挑戦者の憤怒にて確認)
キャラクターは攻撃ごとに少し移動や方向転換することがあったが、
クリティカルダメージで判断すると常に後方をとっていた。
6)チャージングストライクはチャージなしにて実験。


3.実験データ


1)クリティカル発生145、チャージングストライク必殺紋章ありの場合

クリティカル:9,604回のうち3,252回
約33.86%

信頼度99%のクリティカル発生1あたりのクリティカル確率範囲:
0.002258 <X <0.002414

2)クリティカル発生145、チャージングストライク文章なしの場合

クリティカル:3,333回のうち808回
約24.24%

信頼度99%のクリティカル発生1あたりのクリティカル確率範囲:
0.001555 <X <0.002601
 
3)クリティカル発生145、連撃の場合

クリティカル:9610回のうち2185回
約22.74%

信頼度99%のクリティカル発生1あたりのクリティカル確率範囲:
0.0015 <X <0.001638

4)クリティカル発生58、チャージングストライク必殺紋章ありの場合

クリティカル:6785回のうち1049回
約15.46%


信頼度99%のクリティカル発生1あたりのクリティカル確率範囲:
0.002492 <X <0.002848

5)クリティカル発生58、連撃の場合

クリティカル:6785回中698回
約10.29%


信頼度99%のクリティカル発生1あたりのクリティカル確率範囲:
0.00163 <X ​​<0.001929


結論部分をまとめると

・チャージングストライクの必殺紋章はクリティカル確率が1.5倍

・バーサーカーのクリティカル率は

後方クリティカル確率=0.0014×クリティカル発生+0.02

ということみたいです。

サラの場合は
後方クリティカル確率=0.0016×クリティカル発生

という計算結果(今まで知られているものとほぼ同じ)
だったので
バサのこの計算式が正しい場合、
クラスごとにクリティカル計算式が異なる、ということになります。

ということであくまで推測ですが、クリティカルの計算式は

後方クリティカル確率=
(クラス固有の値1)×クリティカル発生+(クラス固有の値2)-(モンスターのクリティカル抵抗)-(レベルの差による加算値)


という計算式で、クラス固有の値2というのは
クラスの基本クリティカル率の1/10で、今回の実験モンスターのクリティカル抵抗が4%だったのではないか・・・
と考えられるということです。

バサの基本クリ58、サラの基本クリ38で
(5.8-4)と(3.8-4)で0.02の違いが出来たのではないか?ということですね。



日本だと必殺紋章はクリティカル20%増加ってなってますが
韓国だと2倍増加になっているみたいです。
よく分からん。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。