FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砲火の戦場について調べてみる2

2013.06.05.Wed.13:20
砲火の戦場の戦い方、攻略について。

プレシーズンでの戦い方について書かれている記事がありました。
韓国で砲火の戦場が実装されて、それから様々な修正が入ってますが
その記事を元にどう変わっていくのかを考えてみます。

砲火の戦場、勝利の方程式
プレシーズン勝率92%"ウォーマシン"様に聞いてみよう


■攻撃も防衛も重要なのは、 "中央拠点 "!


Q. "砲火の戦場 "を勝利に導く最も重要なポイントは何ですか? 


ウォーマシン: 

"砲火の戦場"は、他の戦場とは異なり戦略と戦術の比重が非常に大きい戦場です。

装備はすべて"統一装備"が支給されて、レベルも60に固定されており、
"攻城兵器"の重要度が非常に高いため
対人における実力差は、戦略と戦術で簡単に克服できるのです。

私のギルドメンバーたちと一緒に戦場に通いながら感じた点は、
ほとんどのユーザーの方々が"外側城壁の中央拠点"占領の重要性をよく知らずにおられる
ということです。
攻撃側でも防衛側でも、 "外側城壁の中央拠点"は、最も重要な勝負のポイントです。
私のギルドが上位にランクされている理由も、実は私達のパーティーだけでも
中央拠点を死守して勝利を獲得した場合がほとんどでした。


2013060501

▲ "外側城壁の中央拠点"が勝負の重要なポイント!



Q. "外側城壁の中央拠点"がなぜ重要なのですか?


ウォーマシン:

中央拠点が重要な理由は、攻撃側が中央拠点を占領したときに
"移動可能な攻城兵器"と"固定された攻城兵器"を3つ確保して
城の門を破壊することができるからです。
そこに遠距離火力のサポートまで加われば、城門は瞬時に破壊されてしまいます。

そして城門を破壊してからは"中央拠点"から復活して守護塔を攻撃する
いわゆる"ゾンビアタック"が可能です。
一度城の門を破壊してしまえば、復活拠点を攻撃側に占領されている限り
防衛側がいくら頑張って防御をしても、
守護塔に到達する人員を完全に止めることはできません。
実際のところ"外側城壁の中央拠点"を確実かつ迅速に確保してしまえば
城の門を破壊しなくても勝ててしまうほどです。
攻撃側にこのような利点をもたらす"外側城壁の中央拠点"は
防衛側にとっては絶対に奪われてはいけない拠点でもあります。


2013060502

▲中央拠点を占領すると復活後、すばやく簡単に勝利を取ることができる。



Q. では戦略上重要な"中央拠点"をどのように攻略するのでしょう?


ウォーマシン:

まず、攻撃側は"中央拠点"を占領するためのルートを把握することが最も重要です。
私の考えでは、大まかに3つのルートがありますが、
まず攻撃側陣地の、右の飛空艇を利用した上空からの侵入
次に外側城壁の"はしご"を利用したルート、
最後に外側城壁の門を破壊して進軍するルートがあります。
飛空艇の侵入が最も速く、2番目にはしご、城門の破壊が最も遅くなります。


2013060503

▲最速の "陣地右の飛空艇ルート"


2013060504
▲二番目に速い、はしごを利用した侵入ルート


2013060505
▲最も遅くなるが確実な、ゲートを破壊して進軍するルート


今のところ、多くのユーザーの方々が"砲火の戦場"に慣れていないと思いますので、
"飛空挺"を使用すると、簡単に"中央拠点"あるいは外側の城壁まで侵入が可能です。

しかし、飛空挺は防衛側がしっかり対策して"固定の攻城兵器"に人員を配置すると
簡単に落とすことができるので、飛空艇だけに頼るのは良くないです。
次に"はしご"ですが、はしごを使用する時はできるだけ"分散して"移動する必要があります。
はしご一箇所にどっと押し寄せて行く場合、
待機している防衛側の人員に抹殺される恐れがあるからです。
これら2つの侵入の方法は効率的ではありますが
失敗したときの時間の損失が大きいというリスクもあります。
そして防衛側が外側城壁の"固定の攻城兵器"で飛空艇を撃墜しにきたり
はしごに兵力を配置していれば成功率も低いです。
したがって、3番目の侵入ルートである外側城壁からの攻略も一部の人で行います。
外側の門を破壊する3つ目の侵入ルートを活用することで、
同時多発的に拠点を占領し、攻略に成功する可能性があるのです。



2013060507
▲もしもの時のために、 "攻城兵器"を率いて外城壁を破壊するのを忘れないように


Q. では、逆に防衛側はどのように"中央拠点"を守るのでしょうか?


ウォーマシン:

攻撃側の戦略を知っている防衛側は逆に、その戦略を実行させないように動きます。
戦略の核心は"防衛側が"が攻撃側に"中央拠点"を占領されないよう、
3つの攻略ルートを潰していくことだといえます。
防衛のコツは、まず二つのパーティー(10名)が開幕すぐに外側城壁に移動します。
外側城壁に固定されている"攻城兵器"2台を先に確保して
飛んでくる飛空艇を最優先に撃墜する必要があります。
飛空挺の体力が意外と低いため、熟練した射手2人に固定大砲についてもらうと
簡単に破壊することができます。

攻撃側の飛空挺を破壊した後は、はしごを昇ってくる敵を
"固定された攻城兵器"と"移動可能な攻城兵器"を使って速やかに殲滅するだけです。


2013060508
▲中央拠点を占領するために飛んでくる飛空艇撃墜が最優先!

このように進行していった場合、攻撃側に残されるのは、
"左の飛空挺"を活用して外側城壁の上から侵入したり、城門から進む2つのルートです。

飛空挺による侵入は両側の城壁を守備する残りの10人ほどで守り、
城の門はできるだけ破壊されないように"固定の攻城兵器"と"移動可能な攻城兵器を使って鎮圧します。
さらに、城壁上のバルコニー付近には、1台の​移動可能な攻城兵器が配置されているので
遠距離火力や"飛空挺"の撃墜や、はしごをよじ登ってくる敵の殲滅に利用するといいです。



2013060509
▲上空から侵入する"左の飛空艇 "撃墜はバルコニーの"攻城兵器"を活用しよう



■こういうことは、負けにつながります。戦場の注意事項は?



Q. 戦場でやってはいけない、注意事項は何ですか?


ウォーマシン: 
まず、暴言はよくないです。
チームワークが重要なゲームで、自分と意見が違うといきなり暴言を吐くのは
簡単に勝利を遠ざけることだと思います。
指揮官も同じく、状況によって呼び捨てにするのはしょうがないですが
暴言を吐くことは何も得をしないです。



2013060506
▲悪口はチームメンバー間の不和をもたらすだけだ

その他の注意点としては、"攻撃側"で序盤に一箇所のはしごにすべての人員を投入する
"はしごオールイン"の戦略は、使用しないことをお勧めします。

もちろん成功すると、一気に"中央拠点"を占領することができるという利点がありますが、
はしごが攻撃に対して無防備にさらされており、2〜3人の火力そして"攻城兵器"があれば、
どんなに多くの人が昇ってきても十分に制圧することができるからです。
もう一つの注意点は"外側城壁の城門"破壊を軽視してはならないということです。
"飛空艇"や"はしご"は効率的な戦略ではありますが、
これらは防衛側がしっかり防衛につけばいくらでも守ることができます。
実際に私達のギルドメンバーが約10人程度の人員で"外側城壁内の階段"、 "城内中央の門"をカバーしながら、
15分間守れたこともありました。
しかし最近では、攻撃側の時に念の為"城壁外側の城門"を壊してくださいと
指示をすると、初心者の指揮だと悪口を言われます。
"はしご"や"飛空挺"は、状況を覆せる切り札ではありますが、城門を破壊する正面突破を
あまり軽視しすぎないということを頭に入れておいてください。


2013061001 
▲序盤のはしごオールインは配置された "攻城兵器"によって簡単に無力化できる危険な戦略


2013060512
▲侵入だけに頼らずに、外側の城門破壊も併用しよう

 

Q. では、逆に防衛側の時に注意することは何でしょうか?


ウォーマシン:

"城壁内部"をすべての人で防衛にあたるのは
良くない戦略であることを知っていただきたいと思います。
場合によっては城壁のバルコニーに駐車されている"攻城兵器"で移動して
城の門の前で破壊しておけば、道をふさいではしごからの侵入を防げる、
というように考える方がいらっしゃいますが、そのようにしても
城の門が破壊されるといくらでも守護塔攻略が可能です。


2013060511
▲防御門を塞ぐ作戦は敗北の近道

実際にそのような場面に出くわすことがありましたが、
内側の城門前に攻撃側城側の人員が集まってきて、ウォーリアー、ランサー、スレイヤーなどの近接火力が
ダッシュで陣地に侵入していきます。ウォーリアーやランサーが守護塔までたどり着くと、
防衛側が守護塔に釘付けになるため破壊された"攻城兵器"が疎かになりがちです。
そこでプリーストが"プロテクションアーマー"と"ガーディアンサンクチュアリ"を使用した状態で
遠距離火力がタンクを修理した後道を開けば、
その後は攻撃側が中央拠点から無限に復活し、守護塔を攻略されてしまうのです。
一度この方法で"攻城兵器"を修理した後、城内を殲滅して"防衛側の復活拠点"を砲撃で完全に制圧したこともありました。
それほど危険な戦術であることを知っていただきたいと思います。


2013060510
▲ "プロテクションアーマー"、"ガーディアンサンクチュアリ"を同時に使用して、すぐに"攻城兵器"を修理することで、
防衛側陣地で守護塔を守る防衛戦術を攻略することができる。







と、ここまでがプレシーズンにおける砲火の戦場攻略でした。
プレシーズンではロケートスキャンが使えなかったり、
攻城兵器の数が多かったみたいだし
そのあと5/9のアップデートで城門の耐久力が6,000から15,000になり
防衛側が有利になったようです。







こちらは4/18の砲火の戦場の動画です。
指揮があらぶってます。

なんかマップが広くて、序盤1人で壁壊してるなか
他の人が拠点に侵攻してるのをメッセージで眺めるのは孤独ですね。
マップがどんな感じかはわかるけど、プレイ自体は参考になりません・・・

それぞれの防衛箇所によってクラスの適性などが結構ありそうですが
長くなったのでその辺りはまた今度見てみます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。